> いくらまで借入できる

いくらまで借入できる

テレビのCMの明るいイメージから、お金を借りることに
後ろめたさを感じることがなくなり、誰もが手軽にキャッシングできる
今の世の中ですが、この状況が、多重債務者を増やしてしまいました。

予定通りに返済をしていても、会社の倒産、事故や病気、家族の事情などの理由から、
返済するために別の貸金業者からのキャッシングをくりかえし、
うつ病や自殺においこまれていく悲惨なニュースも多々あります。

この状況を回避するために、2010年6月18日に「総量規制」が開始されました。
利用者が借り過ぎない、貸金業者が貸し過ぎないようにするための法律です。

法改正でいくらまで借りられるように制限されたのか?

いくらまで,キャッシングできるのか?賃金業法の改定により色々と変わったのは記憶に新しいです。
『個人が貸金業者から、キャッシングできる金額は、年収の1/3以下までに制限する。』
という内容ですが、貸金業者からのキャッシングが対象なので、
銀行の貸付は対象外になり、もちろん銀行のカードローンも対象ではありません。

連帯保証人がいても、年収の1/3を超える借入は不可能です。
今現在、すでに年収の1/3を超える借入れがある場合でも
新たに借入れができなくなるだけで、年収1/3までの返済を求められるわけでもなく、
行政処分や刑罰もありません。

クレジットカードを利用したキャッシングは、総量規制の対象ですが、
商品購入(ショッピング)は適用されません。
収入のない専業主婦や無職の方は、総量規制の対象となっていない
銀行のカードローンを利用する事ができます。
簡単便利ではあるけれど、必要な金額を短期間で返済する方法なので、
借り過ぎてしまうと利子も多くなり毎月の返済も増えてしまいます。

総量規制によって苦しむ場合もある

そして、どこからも借入れができない、専業主婦や無職の方が、
ヤミ金融会社を利用するという問題から、利用者を救う総量規制が、
逆に利用者を苦しめていることも事実です。
いくらまでが自分のキャッシングで、いくらまでなら返済可能かを
見極めることが大切です。